難易度の高い簿記2級の資格

*

難易度の高い簿記2級の資格

経理や財務で重宝されている簿記の資格は、持っているだけで会社のお金の流れを理解できるとされており、最近では経理に携わる職種だけでなく、コスト管理が必要となる営業や製造、管理の職種などでも資格を取得しているだけで、転職に有利となるとされています。

簿記は1級から3級までもが用意されており、レベルによっては、試験内容が大変難しくなっているものもあるようです。特に簿記2級以上の資格になると、なかなか簡単には資格を取得することも難しくなっているようです。
2級以上ともなると試験の難易度も高くなり、合格までの道のりも遠くななってしまったという方も多いようです。高校程度の商業・工業簿記レベルで、基本的な原価計算ができるといった点が特徴になっています。財務諸表を読み取れるため、企業の経営状況を把握することができるようになります。
1級ともなると、大学レベルとなり、原価計算だけでなく、会計学をも修得することになります。企業会計の法規が理解できており、経営管理や分析もできるようになります。
1級の資格を取得すると、税理士の受験資格を取得できるようになります。公認会計士や税理士などの資格を狙いたいのなら、まずは1級の資格を取ることを目標にしておくと良いでしょう。

順を追って資格を取得していきたいと考えているなら、まずは3級の取得から目指してみるのがおススメです。経理や会社の財務などの基礎を固めたい方や、一般常識として知識をとりいれたいと考えている方にはピッタリの資格といえそうです。

難易度の高い簿記2級の資格関連ページ

簿記の2級を目指すには
資格にはいろいろな種類のものがありますが、中でも仕事に活かせる定番の資格として知られているものも多くあります。 […]
簿記2級の難易度
簿記2級に合格するための勉強時間の目安は、半年くらいと言われています。2級合格者は「高校程度の商業簿記および工 […]
簿記2級の内容
2級は、3級の商業簿記に加えて、さらに工業簿記を習得します。工業簿記とは、製造業(メーカー)の取引の計算や帳簿 […]

簿記の通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
洗練されたカリキュラムによる合格率の高さ、質の高い教材とコストパフォーマンスが人気の理由です。
無料で資料やテキスト、講義DVDのサンプルがもらえるので、まずは試しに受講してみましょう。
>>資料請求はこちら

foresight
【無料資料請求はこちら】

【No.2】柴山会計ラーニング
工業簿記に強い柴山式、独特の学び方で簿記2級までのマスターを目指します。
資料をとりよせて特徴あるカリキュラムを見てみましょう。
>>資料請求はこちら

shibayama
【無料資料請求はこちら】

【No.3】TAC
受講料は高額になりますが、予備校でのノウハウを取り入れた豊富な教材と知名度はトップレベルです。
通学・通信両方の資料がもらえますので、比較して検討しましょう。
>>資料請求はこちら

tac
【無料資料請求はこちら】