簿記を取るならまずは3級から

*

簿記を取るならまずは3級から

幅広い年代層から人気の高い資格として簿記があげられますが、その資格の種類は3種類となっています。日本でもっとも有名な資格である日商検定は、日本商工会議所が主催している検定で、一般的に簿記の資格というとこれを指す方が多いようです。
他にも全国経理学校協会が主催している全経検定や、全国商業高校学校協会が主催する全商検定があります。受験者数がもっとも多いのが日商検定とされており、中でも最初にチャレンジしてみる資格として、3級を選択される方も少なくありません。

商店や中小企業の経理事務として活躍することができ、財務担当として必要となる基本知識を身につけることができます。また、最近では企業の経営状況を数字で理解できる資格ということから、営業や管理などの職種の方でも必要とされている資格となっています。

2級の場合は、財務諸表を読み取る力がつくだけでなく、自社や他社の経営状況を管理する力も身につきます。1級にもなると、企業会計の法規が理解できるだけでなく、経営管理と分析までも可能になってきます。
1級は高度な専門知識が必要とされており、税理士や公認会計士といった国家試験の登竜門と言われています。そのため、試験内容はとても難しく、何度受験しても合格できないといった方も多くいらっしゃいます。
しかし、就職で有利に活用したいと思うなら、最低限でも2級以上の資格を取得しておくことをおすすめします。特に知識をアピールしたいと思うのなら、やはり1級の取得を頑張って目指してみるのが良いでしょう。

簿記を取るならまずは3級から関連ページ

簿記3級の難易度
3級合格のための必要時間の目安としては、3カ月前後といわれます。 もちろん、人によって勉強できる時間は異なるの […]
簿記3級の内容
簿記3級は簿記の基礎、と言われています。初めて受験するなら、3級からスタートするのが良いと思います。簿記はとて […]

簿記の通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
洗練されたカリキュラムによる合格率の高さ、質の高い教材とコストパフォーマンスが人気の理由です。
無料で資料やテキスト、講義DVDのサンプルがもらえるので、まずは試しに受講してみましょう。
>>資料請求はこちら

foresight
【無料資料請求はこちら】

【No.2】柴山会計ラーニング
工業簿記に強い柴山式、独特の学び方で簿記2級までのマスターを目指します。
資料をとりよせて特徴あるカリキュラムを見てみましょう。
>>資料請求はこちら

shibayama
【無料資料請求はこちら】

【No.3】TAC
受講料は高額になりますが、予備校でのノウハウを取り入れた豊富な教材と知名度はトップレベルです。
通学・通信両方の資料がもらえますので、比較して検討しましょう。
>>資料請求はこちら

tac
【無料資料請求はこちら】