簿記の2級を目指すには

*

簿記の2級を目指すには

資格にはいろいろな種類のものがありますが、中でも仕事に活かせる定番の資格として知られているものも多くあります。中でも特に簿記の資格は実務だけでなく、就職活動や転職活動にも有利とされる資格として人気が高くあります。

最近では特に会社でコスト削減や業務改善などが繰り返し行われており、ムダな支出を減らそうとしている企業はとても多くなっています。また、自社や取引先の財務内容を読み解くことができ、経営状況を把握することができるスキルを持っている人材を求めている企業というのも多いようです。
こういった環境から、会社の数字に強い人材として、資格を取得している人材を強く求める企業も多くなってきました。以前は経理や総務でしか、そのスキルを発揮できませんでしたが、最近では企業の資金の流れを理解し、コスト面などもしっかり理解することができる人材を求める会社が増えたため、営業や製造などの部署といえども、簿記を持っている人材を募集していることもあるようです。

一般的な検定として3級を取得している方も多いですが、2級を取得していた場合、即戦力として迎えられることもあるようです。また、実務経験はなくとも、3級以上の資格を持っていると、それなりに経営戦略をたてることや、取引先の経営状況なども理解できると思われ、好評価されることも多いようです。
1級にもなると、財務諸表規則や会計に関する法規を理解できているとみなされ、経営管理や分析もできるものとされています。就活で有利に活用したいのなら、ぜひとも1級を目指してみることをおススメします。

簿記の2級を目指すには関連ページ

難易度の高い簿記2級の資格
経理や財務で重宝されている簿記の資格は、持っているだけで会社のお金の流れを理解できるとされており、最近では経理 […]
簿記2級の難易度
簿記2級に合格するための勉強時間の目安は、半年くらいと言われています。2級合格者は「高校程度の商業簿記および工 […]
簿記2級の内容
2級は、3級の商業簿記に加えて、さらに工業簿記を習得します。工業簿記とは、製造業(メーカー)の取引の計算や帳簿 […]

簿記の通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
洗練されたカリキュラムによる合格率の高さ、質の高い教材とコストパフォーマンスが人気の理由です。
無料で資料やテキスト、講義DVDのサンプルがもらえるので、まずは試しに受講してみましょう。
>>資料請求はこちら

foresight
【無料資料請求はこちら】

【No.2】柴山会計ラーニング
工業簿記に強い柴山式、独特の学び方で簿記2級までのマスターを目指します。
資料をとりよせて特徴あるカリキュラムを見てみましょう。
>>資料請求はこちら

shibayama
【無料資料請求はこちら】

【No.3】TAC
受講料は高額になりますが、予備校でのノウハウを取り入れた豊富な教材と知名度はトップレベルです。
通学・通信両方の資料がもらえますので、比較して検討しましょう。
>>資料請求はこちら

tac
【無料資料請求はこちら】