簿記の種類とは

*

簿記の種類とは

簿記の勉強を始めようと、書店などでテキストを見ると、そのほとんどが「日商簿記」となっています。
簿記の取得を目指す多くの人が受験するのが日商簿記なので、テキストや問題集もそれに沿って日商簿記が多いのです。
しかし、実は簿記には日商簿記の他にも種類があります。


日商簿記(日本商業会議所主催)1級~4級
特徴:もっともポピュラーな簿記
全経簿記(全国経理教育協会主催)上級、1級~4級
特徴:上級に合格すると税理士試験の受験資格を得られる
全商簿記(全国商業高校学校主催)1級~3級
特徴:高校の教科書をもとに受験できる簿記
日ビ簿記(日本ビジネス技能検定協会主催)1級~3級
特徴:試験範囲は日商簿記と似ている。1、2級は科目別に受験できる


こうなると、どれを選べばよいか迷ってしまいます。しかし、最もポピュラーなのが日商簿記で、企業の採用広告でも「経理部門は日商簿記2級以上」などと書かれていることもあります。そういうわけで、日商簿記を選ぶのが無難です。


資格学校によっては、日商簿記と日ビ簿記のダブル受験を奨めているところもあります。日ビ簿記は、難易度が比較的安定しているとされ、日商で落ちても日ビで合格することも可能です。試験範囲もほぼ同じということなので、無理せずダブル受験を狙えます。
それぞれの試験に合格すると「日商簿記3級」や「日ビ簿記3級」などの合格証が貰えます。

簿記の種類とは関連ページ

通信講座で簿記の資格を狙おう
簿記の資格を取得したいと思ったら、まず通信講座での勉強を考える方も多くいらっしゃるようです。特に日商検定の3級 […]
簿記を独学で勉強する
一般的に資格を取得する場合、その試験の難易度によっては、学校に通学しなければ難しかったり、逆に難易度が低い資格 […]
自分に合った勉強法
国家資格の中でも特に人気の高い簿記は、さまざまな勉強法で取得することが可能になっています。時間に余裕があり、資 […]
難易度の高い資格をとるために必要なこと
「よし、資格をとるぞ!」と意気込んで、ある日急に勉強を始めた経験のある方も多いのではないでしょうか。資格をとる […]

簿記の通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
洗練されたカリキュラムによる合格率の高さ、質の高い教材とコストパフォーマンスが人気の理由です。
無料で資料やテキスト、講義DVDのサンプルがもらえるので、まずは試しに受講してみましょう。
>>資料請求はこちら

foresight
【無料資料請求はこちら】

【No.2】柴山会計ラーニング
工業簿記に強い柴山式、独特の学び方で簿記2級までのマスターを目指します。
資料をとりよせて特徴あるカリキュラムを見てみましょう。
>>資料請求はこちら

shibayama
【無料資料請求はこちら】

【No.3】TAC
受講料は高額になりますが、予備校でのノウハウを取り入れた豊富な教材と知名度はトップレベルです。
通学・通信両方の資料がもらえますので、比較して検討しましょう。
>>資料請求はこちら

tac
【無料資料請求はこちら】