簿記ってどんな資格?

*

簿記ってどんな資格?

簿記は、誰でも聞いたことのある資格だと思います。商業高校で受験した経験がある人も多いのではないでしょうか。

「簿記を持っていると就職に有利」「転職のために簿記を取る」と、簿記という資格は会社内で使う資格というイメージがあります。同じように経理や財産についての資格である税理士が、独立して営業するイメージなのと対照的ですね。


では、簿記とは何でしょうか。簿記とは、お店や会社の日々の経済活動を、一定のルールに従って帳簿を作り、その帳簿をもとに財務諸表を作成することです。簿記というとき、通常は複式簿記のことを指します。


複式簿記とは、1つの取引ごとに取引金額を借方と貸方に振り分け、それぞれ同一金額を記録してゆくことです。例えば、30万円でパソコンを購入すると、現金が30万円減り、資産が30万円分増えます。複式簿記だと、現金の増加だけでなく、その結果何かが増えたり減ったりしたことも分かります。このように、借方と貸方に振り分けることを「仕訳」と言います。


簿記という資格は、仕訳がきちんとでき、日々の帳簿を作成することができ、財務諸表を作ることができる能力がある、ということを裏付ける資格と言うことができます。個人(お店など)と会社の取引は規模も内容も異なります。そのため、簿記試験は、段階を追って簿記の知識を身につけられるようになっています。



多くの人が受験する日商簿記は1級から4級があります。3級が基礎と言われています。2級になると会社の経理が分かるようになります。1級は簿記のスペシャリストと言われています。また、1級に合格すると税理士の受験資格が得られます。

これから簿記を目指すなら、まず3級からスタートし、2級合格を目標にするのが良いでしょう。

簿記2級に合格.net



簿記の通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
洗練されたカリキュラムによる合格率の高さ、質の高い教材とコストパフォーマンスが人気の理由です。
無料で資料やテキスト、講義DVDのサンプルがもらえるので、まずは試しに受講してみましょう。
>>資料請求はこちら

foresight
【無料資料請求はこちら】

【No.2】柴山会計ラーニング
工業簿記に強い柴山式、独特の学び方で簿記2級までのマスターを目指します。
資料をとりよせて特徴あるカリキュラムを見てみましょう。
>>資料請求はこちら

shibayama
【無料資料請求はこちら】

【No.3】TAC
受講料は高額になりますが、予備校でのノウハウを取り入れた豊富な教材と知名度はトップレベルです。
通学・通信両方の資料がもらえますので、比較して検討しましょう。
>>資料請求はこちら

tac
【無料資料請求はこちら】